NJP-Dy工法(大口径・環境配慮型の多重管式超高圧噴射攪拌工法)ヘッダ写真

NJP工法シリーズ

NJP-Dy工法(液状化対策用多重管超高圧噴射攪拌工法)

NETIS登録番号KT-160120-A 「NETIS」に登録されました。NJP工法シリーズ NJP-Dy工法・NJP-2way工法(深層混合処理工法)_小野田ケミコ

NJP-Dy工法の概要

NJP-Dy工法は、多重管ロッドに装着したNJP-Dy特殊ヘッドの先端部から、圧縮空気を連行させ、同時に固化材スラリーを超高圧噴流によって噴射し、原土と攪拌・混合させることにより均一な改良体を造成する液状化対策用とした多重管式高圧噴射攪拌工法です。

NJP-Dy特殊ヘッドと改良域(イラスト)

特徴

  1. 本工法は、液状化対策に特化した多重管式高圧噴射攪拌工法であり、吐出圧力や噴射時間を変えることで様々な改良径を造成することが可能です。
  2. 短い改良時間で大口径の改良体が得られるため、経済的な工法です。
  3. 従来工法に比べ、改良単位体積当たりの発生土量が比較的少ない工法です。
  4. 発生土を安定的かつ確実に排出させ、施工時の地盤変位を抑制できます。
  5. NJP-Dy特殊ヘッド外周部からの超高圧噴流による攪拌のため、山留め壁、基礎杭等への密着施工や改良体相互のラップ施工が容易にできます。
  6. 施工機械は専用機械を用い、機動性に優れた走行台車を用いることで機動性が高い工法です。

適用地盤

設計 N 値(砂質土) 改良径
N≦20
Ø2.0m~4.5m
N≦30 Ø1.8m~4.3m
N≦50 Ø2.4m~4.3m
※粘性土層との互層地盤の場合には、別途相談願います。

適用目的

 ・液状化防止対策

お問い合せ